中小企業の融資代行プロの口コミや評判

 最終更新日:2023/06/05

中小企業の融資代行プロの画像

特徴 融資・補助金業務の代行サービスの経験から審査に通りやすい事業計画書を作成を行っている
おすすめポイント 最短3日で事業計画書を納品、全国対応、業界内最安クラスの費用など
料金プラン例 ■中小・中堅企業向け「事業計画書の作成代行サービス」
料金:17万3,800円(税込)~
標準ページ数:パワーポイントで20~30枚程度
納品形式:PDF、もしくはパワーポイント
問い合わせ 問い合わせフォーム
会社情報 中小企業の融資代行プロ
〒107-0062 東京都港区南青山2-2 5F
営業時間:9:00~18:00(平日)

融資や補助金申請で事業計画書が必要な人に、今回の記事はおすすめです。中小企業の融資代行プロは、銀行や公庫出身の専門家が経営者の資金調達をサポートしています。サービスはすべてオンラインで完結するので、全国どこからでも利用できます。最短3日で事業計画書を納品できるので、急いでいる人にもおすすめです。

最短3日で事業計画書を納品!

急いで納品してもらいたい人にも対応しています。経営者が事業計画書の作成に時間を割く必要がありません。

このような人におすすめ

事業計画書を作成したいと考えているけど、どのように記載すればよいのか分からないという人や、本業が忙しくて事業計画書の作成まで時間が割けない人におすすめです。また、事業計画書を作成した後に金融機関から融資を受けられなかったということになりたくない人もサービスを利用しましょう。経営者が事業を適切に運営するために計画を作成しますが、金融機関から融資を受けるときや投資家の前でプレゼンテーションするときにも必要になります。

このときは、第三者に伝わる魅力的な内容に仕上げなければいけません。それと同時に実行可能な計画でなければいけません。そのような客観的な視点を持っている専門家が作成を代行するほうが、成功する確率は高まるでしょう。

経営者が割く時間をほぼゼロにできる

サービスを利用するときに、事業の概要などについてヒアリングされますが、作成はすべて代行できるので、顧客が時間を割く必要はありません。本業が忙しい人も安心してください。

最短3営業日で納品できる

日常的に業務に取り組んでいるので、スピーディーに丁寧に納品できます。急いでいる人もまずは相談しましょう。

融資を受けられる可能性が大幅にアップする

融資を受けられるかどうか分からない事業計画書を自分で作成するよりも、費用は発生しますが専門家に作成を依頼しましょう。そのほうが高い確率で融資を受けられるからです。融資を受けることが目的である場合、より高い確率で目的を達成できる方法を選択しましょう。専門家は日常的に銀行や投資家などと仕事を行っているので、ポイントを押さえた事業計画書を作成できます。

業界最安水準の17万3,800円(税込)~

銀行や公庫出身の専門家が顧客をサポートしているので、融資や補助金申請のために事業計画書を作成してもらいたいと考えている人におすすめです。

業界内最安クラスでサービスを提供している

17万3,800円(税込)~サービスを利用できるようになっています。納品は、顧客の事業の概要などをヒアリングしてから3営業日が基準となっています。金融機関や公的機関への提出を想定しているので、第三者に事業の内容と魅力が伝わるように作成します。また、サービスは全国の中小企業や中堅企業に提供しているので、事業所の所在地にかかわらず気軽にサービスを利用しましょう。

融資や補助金申請に強い

一般的な事業計画書代行サービスでは、融資や補助金申請のみならず、副業、起業、事業再構築などの分野にも精通した事業計画書を作成できるようになっています。しかし、中小企業の融資代行プロの場合は、融資や補助金申請に特化しているので、その分野のプロになります。スタートアップ企業や、新規事業を立ち上げたいと考えている中小企業の経営者のために、資金面でのサポートを行っています。

組織力を発揮している

専門家のバックボーンがそれぞれ異なっているのが強みです。銀行員、公庫員、補助金審査員などとなっています。実際に融資を受けたいと相談を受けてきた専門家が集まっている組織なので、高い組織力を発揮して顧客をサポートできています。

高品質の事業計画書を作成できる

より精度の高い事業計画書を作成できるようにしています。経営者が事業計画書の作成で失敗しないように専門家としてサポートを万全にしています。

RCSで深まるコミュニケーション

オンラインで完結するので、全国どこにいてもサービスを利用できます。専門家が丁寧にヒアリングするので、安心してサービスを利用しましょう。

ライトプランを推奨している

17万3,800円(税込)~サービスを利用できるようになっています。そのほかにも、基本プランと特別プランの用意があります。

サービス利用の流れ

まず、問い合わせフォームに必要事項を入力して送信します。次に、専門家とヒアリングの日程を調整します。また、事務手続きも行います。そして、1.5~2時間程度の時間をかけてWebビデオ会議システムでヒアリングが行われます。全国からサービスを利用できるので安心してください。

さらに、専門家がヒアリングしたい内容をもとに、事業計画書を作成します。この際、顧客は作業する必要はありません。最後に、納品された事業計画書を確認します。質問や修正の後に業務完了となります。

まとめ

事業計画書を作成するときは、第三者の視点を忘れずに入れることが大切です。とくに、融資や補助金申請の場面では、決定するのは第三者なので、内容に不備や漏れがあってはいけません。また、言い回しや表現方法などは専門家のアドバイスを受けるほうがよいでしょう。しかし、経営者は事業を運営するための時間を有効に活用したいものです。そのために代行サービスを活用しましょう。

おすすめの事業計画書作成代行会社ランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名バルクアップコンサルティング株式会社株式会社WEEVA事業計画書作成サイト(有限会社プロジェクトアルファ)事業計画書作成代行センター(エクセルブレーン株式会社)株式会社OPEN for
特徴年間260社を超える作成実績。トップレベルのスキルで資金調達を行うプロ集団。休日も対応。最短3日で弁護士・税理士と連携した事業計画書を作成できる。業界一の低価格。質問に回答するだけで本格的な事業計画書が作成できる。国家資格である中小診断士によって実現可能性が高い事業計画書を作成可能。作成は代表が担当。投資家向けの事業計画書を納品してもらえる。
詳細リンク

おすすめ関連記事

検索
記事一覧